CONTENTS

知っておいて損はない、アルバイトの仕事を選ぶ際に注意すべき点

アルバイトには職種が多くあります。 アルバイトする時には、一つ注意すべきことがあります。それは、時間の切り売りをしないということです。アルバイトは収入を得るために行うことですが、アルバイトの判断基準として、この点だけは気を付けておいた方が良い点です。特に高校生や学生の時に、このような働き方をするのは良くありません。それは、高校生や学生は、やがて就職若しくは起業するにせよ、ビジネスの世界に出て行く必要があるからです。時間の切り売りをすると、それをすることに慣れてしまいます。

アルバイトをする時には、発展性のある仕事をすることが重要です。例えば、学生でしたら、今後就職等をしてビジネスの世界に出て行くことが必至です。ですから、ビジネスセンスを磨けるようなアルバイトについた方が将来的に有利になります。若しくは、発展性のある特化した仕事に就くことも有効的です。それを行うことによってどんどんスキルや能力が上がり、最終的に収入の向上に直結するような仕事のことです。時間の切り売りの仕事というのは、これとは真逆の仕事です。時間を費やすことによって、収入を得る手段です。それを長く行っても、将来的に収入を上げることに貢献しません。これはその時の時給が高いアルバイトだとしても、なるべくなら避けた方が良い仕事になります。

アルバイトである時点で正社員に比べて、時給はずっと不利な訳です。不利な上に貴重な時間までも費やしていたのでは、不利に不利が重なるだけです。正社員なら、時間の切り売りをしなければならないような仕事を行う必要があることもあります。しかし、アルバイトの安い時給でこれを行う必要はありません。アルバイトを選ぶ際には、是非その点に注意して仕事を選ぶことをオススメいたします。