CONTENTS

短期や単発と呼ばれるアルバイトについて

アルバイトには職種が多くあります。 アルバイトという仕事は、主婦や学生など自分の生活するなかで空いた時間に働くことができるため多くの人が利用している仕事の1つです。このアルバイトには様々な仕事の種類もありますが、働く期間などにも違いがあります。長期的に契約を行い働くアルバイトもありますが、なかには短期や単発といった内容で依頼を出しているアルバイトもあります。では実際に短期や単発と呼ばれる仕事は、実際どれくらいの期間を目安に働くのかについて気になる人も多くいます。短期バイトと呼ばれる仕事がありますが、基本的に働く期間が3ヶ月以内のものをさします。

そのため学生などが冬休みや夏休みといった限られた休みの間だけ利用するアルバイトなどは、短期アルバイトと呼ばれる種類のものが多いです。それよりも働く日数が短い1日だけの仕事や2日や3日程度で終わってしまう仕事を、単発バイトと呼ばれています。1日といっても朝から夕方までと限らず、仕事の内容によっては数時間で終わってしまう場合も良くあります。ある程度の決められた日数が働ける人であれば短期でも良いですが、空く時間がまちまちで予定もすぐ変わるという人であれば、アルバイトを探す場合は単発バイトを利用するのがおすすめといえます。